Lingerine ショップ&ブランドスタイリュシュさと心地良さを兼ね備えたミニマルなランジェリー「Nah(ナア)」リブランドデビュー

【 国内ランジェリーブランドレポート vol.11-Nah(ナア) 】

ブランドランジェエリーレポートの中でも記念すべき第1回目でインタビューに答えてくださったpipi_ttaphanが、2023/9/23にリブランドし「 Nah(ナア) 」として生まれ変わりました。

身に着ける方のライフスタイルに溶け込むスタイルはそのままに、スタイリッシュさと心地よさを同居させたランジェリースタイルを提案しています。
デザイナーの伊津野さんにリブランドの経緯や新ブラントの特徴、インスピレーションの元についてなど、色々と伺いました。

― リブランド(新ブランド)の背景について教えてください。

前ブランドを立ち上げてから5年以上が経ち、当初目指していたブランドのコンセプトと今思い描くものにギャップが生まれてきたためにリブランドすることにしました。

―「Nah」に込められた想いを教えてください。新しいブランドネームの由来はありますか?

由来は私の名前からとりました。
気がつけば設立からもう5年経っていて、今後もブランドを育てていくためにはより自分らしい存在に近づけて表現していくことが必要だと考えたからです。
私の頑張れる原動力は周りの大切な人たちとの係りです。
そんなひとたちを想いながら<ナア>という呼び名をリブランドネームにしました。Nahを知ってくれたお客さまにも友達みたいに呼んでもらいたいという思いも込めました。

―今後の展開について、考えられていることがありましたら教えてください。

新作は展示会で受注を取り必要な数量を生産する方向に徐々にシフトしていきたいと考えています。定期的にPOPUPイベントなどで販売もしていく予定ですし、また、これまでは経験のない新たな分野での販売も視野に入れています。

―先日、東京で行われたPOPUPで、実際の商品を拝見しましたが、美しいデザインだけではなく肌に負担のない縫製と肌触りの良さが際立っていて伊津野さんのランジェリー愛を感じました。
1stコレクションについて、こだわりの部分やおすすめポイントを教えてください。

Nahのデビューコレクションは“skin”からスタートしました。
pipi_ttaphanの時から“skin”への思いは変わっておらず私の中ではどんな節目にも“skin”の存在があり自分自身を常にリセットしてくれるものでもあります。
それが今ではリピートしてくださるファンの方も増えとても嬉しいです。
本コレクションはシンプルなデザインを引き立てるカーブラインや素材選びに力を入れています。
リニューアルコレクションでは“skin”では定番のモダール素材にコットンが混紡されたリブ生地を使用しています。

子育てをはじめてからコットン製品を触ることがとても多くなり改めてコットンの魅力を感じたので、1stコレクションの生地選びは母体と子が一体となっているイメージで素材選びをしました。
今回の “skin”はモダール独特のしっとりした感触とふわふわで軽い空気のようなコットンの柔らかさを感じていただけると思います。

バンドゥタイプのブラと定番人気のボクサーショーツ、新アイテムとしてお声の高かったカップ付きのタンクトップ、メンズボクサーパンツの4型を展開しています。

―これまでのブランド(ピピッタパン)と違う部分はどんなところですか?

前ブランドは設立当初の思いが、クローゼットの中に色んなランジェリーをたくさんコレクションするようなイメージ像がありました。
Nahは “そのひとらしさ”を大切にライフスタイルの中に溶け込んでいくランジェリーを目指しており、タイムレスに愛用し続けられるスタイリッシュなデザインでデイリーに着用できる心地よさを大切にしています。
どなたにも “定番の1着” があると思いますがそんな存在を目指したいです。

―今期のイチオシ商品はどちらでしょうか?
ファッションと併せられるものやメンズパンツも作られたと伺いましたが、おすすめのコーディネート方法も教えてください。

“skin” はリラックスしたい贅沢な1日におすすめです。
これからの時期は暖かいホームウェアのインナーにカップインタンクトップとボクサーショーツを。メンズ型のパンツもあるのでギフトにして一緒に過ごす休日はいかがでしょうか。

続いてランジェリーの新コレクション “Sheer Drop Collection” は、pipi_ttaphanで人気の “Sheer Mesh Collection” を進化させたNahの定番となるモデルです。
カラーバリエーションも豊富で、カラーを組み合わせてのコーディネートもできるのでその日の気分でお選びいただければと思います。

お出かけの際はバックオープンやシアートップス、オフショルダーとももちろん相性が良いのでおすすめ。
胸元のホールに繋がる小さなシルバーフックが、カラーものの甘さを抑えアクセントになります。
デイリーランジェリーとしても活躍するよう、限りなくフラットで体にフィットするように仕上げています。

またホリデーコレクションとして、先日こちらの新色2色が公開されました。
暖かいお洋服の中にはムードたっぷりのランジェリーを仕込んで、素敵なホリデーシーズン〜新年を迎えていただけたらと思います。

―リブランドまでの間にご妊娠・出産を経たとのことですが、好きなランジェリーのタイプや作りたいものは変化しましたか?

ブランド設立から5年の間に私は最愛の母の死に触れ、そしてありがたいことに新しい生の喜びを知ることができました。
このような経験をしてより強く思い描くようになったのは、作りたいものが必ず何かしらの気持ち良さにつながるよう意識している点です。
気持ちがいいという感覚はこころにも体にも嬉しくとても大切なことだと思うからです。
好きなランジェリーのタイプは、デザインや考えから着る人への配慮が感じ取れるブランドさんです。

―デザインのインスピレーションはどこから着想していますか?

境界線や自然と一体化しているものを見つめて着想することが多いです。
都会から離れ自然環境に触れたとき癒され、頭の中もクリアになるのでインスピレーションは自然のものから得ることが多いです。今回の “Sheer Drop Collection” は、山梨の湖畔で見た水面とそこに写り込んだ木々、その輪郭、反射した光と影を見てイメージを深めていきました。

伊津野さんの手がけるランジェリーそのものが、肌に溶け込み自然回帰できるようなパワーを与えてくれますね。まるでそよ風に揺れるように、エアリーなランジェリーが並んでいて、展示会場にいるだけでも癒されました(笑)
本日は貴重なお話を沢山聞かせていただき、ありがとうございます。

「Nah(ナア)」

ONLINE SHOP
nah-lingerie.com

INSTAGRAM
@nah__lingerie

SHARE
Sayuri

美容と健康に気を使っています。趣味は料理と読書です。でも、アクティブなことも結構好き。最近はマラソンを始めました!

Author
Author

Sayuriの記事

ショップ&ブランド

スタイリュシュさと心地良さを兼ね備えたミニマルなランジェリー「Nah(ナア)」リブランドデビュー

ショップ&ブランド

[ 再建手術後編 ] 乳がん専門ランジェリーavoir代表 中村真由美さんに学ぶ 手術後・再建後のランジェリーの選び方

ショップ&ブランド

[ 摘出手術後編 ] 乳がん専門ランジェリーavoir代表 中村真由美さんに学ぶ 手術後・再建後のランジェリーの選び方

ショップ&ブランド

[ 2022 Summer ] 夏のブルーデーをムレなく快適に過ごす! 進化し続ける生理用吸水ショーツ

ショップ&ブランド

温活ランジェリー「On de miu」で美しさも心地よさも手に入れる

ショップ&ブランド

ランジェリーで「育乳・育尻」は叶えられるのか? 補正嫌いアラフォー女子が忖度なしでやってみた(後編)